BLOG

〜図工・美術の教材研修会 @四ツ谷ひろば〜

全国の学校の図工・美術の先生を対象として行われる研修会<サマーアート キャンプ 2018>に、今日から2日間出展しています。
ひとつは「小さな花畑」の教室で、実際に先生方に生花を使ってお作りいただきました。

そして、今回は特別に、作ったお花をご自身で絵にして、クレヨンで色を塗っていただくところまでを研修として行なっていただきました。
さすが、ご専門の先生方です。お花も絵も素晴らしい作品でした!!
お花を作る〜作ったものを絵にする〜色を塗る、といった一連の工程を学校教材として扱っていただけるよう、ご検討いただきます。

もうひとつは「スモックやエプロン」を展示する教室です。特別支援学級や特別支援学校の先生方も多くいらっしゃり、新たな教材としてご関心を寄せていただきました! 明日もどのような出会いがあるか、楽しみです^_^


お知らせ 〜ホームページについて〜

新商品やご利用事例、皆さまからのお声などを 追加して更新しました。
新しい情報が盛りだくさんです! ぜひ、一度ご覧ください^_^
tokyorehabili-heartbridgeproject.jp/


寝たきりで清拭を必要とする方や体に浮腫みのある方々に〜着替え介助サポートパジャマ〜

高齢者医療を専門とする「東京都健康長寿医療センター」の看護部長をはじめ、緩和ケア病棟の師長や看護師の皆さまと1年半かけて、入院患者さま用のパジャマづくりに取り組みました。
現場の看護師の皆さまから、日々の着替え介助にかかる負担が非常に大きいことや、現在使用しているパジャマの生地に関する問題点など、困り事やニーズのヒアリングから始まり、実際に患者さまにお使いいただきながら試作を4回繰り返した上で完成しました!

肩から袖にかけて6個のスナップボタンを使用することで全開となる、ゴムや部品の「あたり」による褥瘡対策、身幅を広めに、綿100%素材を使用etcといった特徴があり、患者さまご本人の肉体的・精神的苦痛を和らげ、看護師の皆さまやご家族といった介助者が抱える負担を軽減することができます。
詳しくは・・・ 間もなくホームページにアップしますので、 ぜひ、ご覧ください!^_^
tokyorehabili-heartbridgeproject.jp/


お食事用エプロンをアップしました!

こちらもホームページにアップしました!
「ベビー用のスタイを卒業したら」をテーマに、ポイントとなる機能性をもたせデザインした、お食事用のエプロン。
ソフトな風合いのデニム素材。吸収性・透湿性は従来の綿素材と変わらず、速乾性・耐久性に優れた生地を使用しています。
現在、都立肢体不自由特別支援学校に通うお子さまなどにご利用いただいている他、文京区本郷3丁目にありますカフェ「カムリエ」様のお客様にもご利用いただいています。
ちなみに、こちらのおしゃれなカフェはパティシエの辻口博哲様が監修され、高齢者や障がいをおもちの方など、お口の機能が低下した方でも食べやすい・飲み込みやすいという新感覚のスイーツやお食事を提供されています。
どれも、とっても美味しいですよ^_^

こうして、ご好評いただいておりますお食事用エプロンには、水分や食べこぼしをキャッチするための工夫や、持ち運びが簡単にできる理由があります。 詳しくは、ぜひ「食事用エプロン」ショッピングページをご覧ください! お子さま用だけでなく、中高生・成人用のサイズもございます。


「できた!」を応援。園グッズ

ハートブリッヂプロジェクトでは、主に障がいをもつお子さまの療育や自立・発達支援を目的として、作業療法士など専門職や保護者の方、特別支援学校の先生方他、多くの方々にアドバイスやお知恵をいただきながら、その子の「できた!」を応援するグッズを作っています。

これらの仕組みやポイントを取り入れたものを、保育園や幼稚園でも、「園グッズ」としてお使いいただいています!

例えば、お出かけの時に背負うリュック。ワクワクしながら荷物をつめこんで…フタを閉じるにはスモールステップで、1歳児はマジックテープ、2歳児はスナップボタン、3歳児はボタンで…などなど。

遊びの中で、たくさんの「できた!」を経験して達成感を味わうことで、いろいろなことに取り組む意欲がわいてきます!
これは、障がいの有無にかかわらず、どのお子さまでも共通して言えることです。

「できた!」を応援する園グッズ。 ショッピングページにて順次ご紹介させていただいております。ぜひご覧ください^_^
園グッズのショッピングページへ