BLOG

鎌倉の「たすく株式会社」さんをお訪ねしました。

久しぶりに鎌倉の街を歩きました。
相変わらず大勢の観光客で賑わっています!

たすく株式会社 様には、作業療法士をはじめとする専門職の方々が社員として属し、療育教室の運営や研修会の主催、特別支援学校のコンサルテーション、教材開発・販売など、幅広く事業を展開をされています。
特別支援学校における協働コンサルテーション事業では、児童・生徒のアセスメントの実施、個別指導計画の作成と授業の評価改善に関するコンサルテーションを実施されています。

 

鎌倉駅から5分ほどの場所にある「下馬研究所」におじゃましました。

こうした特別支援学校での療育やコンサルテーションの現場において、弊社のハートブリッヂ製品をご利用いただくことによる事例研究などの分野で、コラボさせていただくことの可能性などについて、お話しをさせていただきました。

同社の理念や仕事への取り組み方など、たくさん勉強させていただきたいと思います!


ループの改良版 試作

 

当社の療法士の意見を参考に、お手持ちのお気に入りのシャツをリフォーム。
ループとボタンを使用して、試作しました!

おしゃれなボタンのシャツを着たい、でも、指先がうまく使えないから着れない・・・

そのような時には、ぜひご相談ください。ボタンの大きさを選びながら、
お気に入りのシャツをリフォームしましょう!


神奈川県立保健福祉大学に伺いました

先日、作業療法学専攻の博士 笹田哲先生をお訪ねしました。
笹田先生は発達障害作業療法を専門分野とされ、特別支援教育と作業療法の関わりや、人間作業モデルなどを研究されている先生です。
ハートブリッヂ製品のご紹介などをお話しさせていただき、気がつくと2時間ほど時間が経っており、外に出ると辺りはすっかり暗くなっていました。

とてもきれいな校舎です!

また今日になって、別の作業療法士の先生からご連絡があり、小児用、中高生・成人用のスモックを教材としてご購入いただくことでご検討いただいているとのことでした!

こうした著名な先生方に、ハートブリッヂの製品をお使いいただけることは、とてもありがたいことです。

お子さまたちの「できた!」につながりますように。


横浜市立大学附属病院にて製品説明会

横浜市立大学附属病院に伺い、リハビリテーション科の作業療法士の先生方と実習生の皆さま向けに、製品説明会を行いました。

とても大きな病院です。

先生方の現場での経験から、製品に対しいろいろなご意見をいただくことができました!

「トイレ介助をしていると、ズボンの後ろをご自身で上げることが、
とても難しいことが分かるんです。どうにかなりませんか?」

またひとつ、新たな製品開発に向けたヒントをいただくことができました。

早速企画してみます!!


帝京平成大学に納品させていただきました!

帝京平成大学作業療法学科の学科長 菊池恵美子先生とのご縁で、
ハートブリッヂスモックを全仕様、購入していただきました。

10月中旬から、先生の講義を受ける作業療法学科の学生の皆さまに
実習用の教材としてお使いいただくことになりました!

療育や自立支援用の衣類の企画や製作で、いつか作業療法士としてのご意見をいただく日が・・・学生の皆さま、がんばってください!!