BLOG

小さな花畑 @霞が関ビル

16日(金)の18時まで、1階ロビーにて。

日頃、高齢者の方やお子さまの施設のアクティビティとしてご利用いただいておりますが、今回はビル内や周辺にお勤めのOLの方々などにも楽しんでいただいています!
tokyorehabili-heartbridgeproject.jp/chiisanahana/

「綺麗にできた…!」 束の間ですが、そんな達成感を味わいながらお仕事中の気分転換に…ぜひ^_^
アクセスはこちら↓
www.kasumigaseki36.com/access/
☆おひとり様1,200円(税込)。10種類以上ある生花を使ってお好きなようにアレンジメントしていただいたお花は、そのままお持ち帰りいただくことができます。


介護の学校in埼玉 2018@東洋大学 朝霞キャンパス

埼玉県介護福祉士会が主催されるイベントです。
県内の介護事業者のスタッフの方や学生の方々が400名程来場され、勉強会が行われました。
会場内のブースで、生花を使ったアクティビティ「小さな花畑」をご紹介させていただきました!
tokyorehabili-heartbridgeproject.jp/chiisanahana/

{CAPTION}

10種類の生花を使い、思いのままに寄せ植えをします。
認知症の方をはじめ、多くの高齢者の方々に、自分で作り上げる達成感を味わっていただけるキットとして、皆さまに体験していただきました。

「自分でできた!」の輪が、埼玉にも広がっていきますように…^_^

{CAPTION}

{CAPTION}


Care restaurant @カムリエさん

摂食嚥下障害のある方向けに、食べやすく飲み込みやすいケーキの販売や介護食の料理教室などをされているとてもおしゃれなお店です。
www.kamulier-gc.jp/
今日は、そうしたメニューがいっぱい並んだイベント「ケアレストラン」の日でした。

カムリエさんには、日頃からエプロンや食事用スタイの販売にご協力をいただいています。
今日もスタッフの皆さんにオリジナルのエプロンを着用していただきました!
お店の中は、美味しいお料理と「これなら食べれる!」の笑顔がいっぱい^_^ >
そして、お子さまや高齢者、障がいをおもちの方々の「できた!」を応援する気持ちで溢れていました。
エプロンについて、詳しくはこちらです↓
tokyorehabili-heartbridgeproject.jp/2018/06/04/hb-apron-new-2/


道具の大切さ 〜ランチョンマット〜

多摩市の保育園ウィズチャイルドへ。 モンテッソーリ教育を用いていらっしゃる保育園です。
こちらでは、食育の一環として給食の時間にランチョンマットを使われます。1歳〜のお子さまたちが、刺繍で形どった位置にお皿やスプーンなどをしっかり置き、姿勢を正して行儀よく、ニコニコ笑顔で美味しそうに食べている姿に関心しておりました。

先生方は、「食への興味をもつタイミングでこのランチョンマットを使い、食事のマナーを学ぶことが、良い姿勢の保持や、生活における秩序を大切にする心を育むことにつながります。」と。
道具がもつ意義を最大限引き出されている先生方も、とても素晴らしいです!

ちなみに、このランチョンマットは現場の先生方、そして、療育の専門家である鎌倉のたすく(株)との合作です。
先生方のご意見をもとに、まずは私たちのほうで生地の選定などを行い、それをもとに、たすくさんの就労移行支援事業として知的障がいをもつ方とそのお母さま方が一緒に製作しています。

こうしたものづくりに取り組むことで、 地域や人の輪をもっと広げていきたい。 そう思っています。

*********************************************************************
株式会社東京リハビリテーションサービス ハートブリッヂ プロジェクト  小峰孝博
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-8-8 OCT KANDA Building 6階
TEL:03-5577-5915
FAX:03-5577-5916
Mobile:070-1548-8255
ハートブリッヂHP http://tokyorehabili-heartbridgeproject.jp/
blog heartbridgeproject.blogspot.jp/
facebook www.facebook.com/heartbridgeproject/
twitter https://twitter.com/heartbridge_
東京リハビリテーションサービスHP http://www.tokyo-rehabili.co.jp/ *********************************************************************


大塚フェスタ2018@筑波大学附属大塚特別支援学校

昨日に引き続き、ブース出展しました。
文京区春日にある、知的障がい児が通う特別支援学校です。
日頃、商品企画などでこちらの支援部の安部博志先生にお世話になっています。
ブースで商品を手にしたお母さまから、
「道具を使うことで、子どもへの関わり方が変わるんですね、楽しい気分に。少し肩の荷がおりるような気がします!」と。
最高の笑顔でした^_^
ご家庭や地域が、そんな笑顔で溢れますように…
これからも心を込めて、ものづくりをします。
{CAPTION}

{CAPTION}