BLOG

【日常生活動作を身につける〜自助具編〜その1★市販品】

【タイトル】
お絵描き用のペン・ペンホルダー

【目的】
鉛筆の持ち方(握り方)の習得

【鉛筆の持ち方の発達段階】
鉛筆の持ち方には下記の通り段階があり、お子様の手の機能発達に応じて習得されていきます。
次のステップに移るためにも、お子様の今持っている機能に応じた形状の検討、及び自助具(補助具)を使用することをお勧めします。

★第1段階:手掌回内握り

全ての指で握る。肩・肘関節の動きで操作。

★第2段階:手指回内握り

親指や人差し指が伸びた状態で持つ。

★第3段階:静的三指握り

肘・手関節の分離した動きが可能。

★第4段階:動的三指握り

尺側2指(薬指・小指)と 橈側3指(親指・差し指・中指)が 分離して動く。
橈側の3指は主に握りなど直接物の操作を行う役割、尺側2指は主に手や物を安定させる役割。

【できる工夫、鉛筆ホルダーの一例】
・太い柄のペンから練習する
・鉛筆(ペン)ホルダーを使用する

・鉛筆ホルダーにバーを付ける(尺側を安定させる)
・指先を置く位置を安定させる

【作業療法士からの一言】
小学校に入ってから、鉛筆が持てないという悩みが多く聞かれます。
鉛筆やスプーンなどの道具操作は、1歳頃から始まっています。
就学前から鉛筆操作の基盤となる、肩の力を付けること、しっかり物を把握することなどの練習が大切です。
また、鉛筆の練習をするときには、姿勢が崩れていないか・机と椅子の高さがあっているかもチェックしてみましょう。
市販のものでも沢山工夫できる補助具が販売されています。どれを使ったらよいか分からないときは、作業療法士に相談してみましょう!


☆だれでも かんたん おりがみ☆

「ミシン目」を入れて、手先のことが苦手なお子さまもピタっと折れる!など… 監修させていただいた折り紙が、先日発売開始となりました。
www.bijutsu.biz/item/daredemo_origami
神保町の三省堂書店さんでは、6階の児童書売場で販売していただいています。
その他、紀伊国屋書店さん、丸善さん、ジュンク堂さんなど全国の書店850店舗、 またはインターネットでご購入が可能です。
ぜひ、お子さまと一緒に「できた!」を体験してみてください^_^

amazon【ARTLOCO(アートロコ)】https://www.amazon.co.jp/dp/4938242508 楽天市場【ARTLOCO(アートロコ)】https://item.rakuten.co.jp/artloco/050634/ Yahoo!ショッピング【ARTLOCO(アートロコ)https://store.shopping.yahoo.co.jp/artloco/050634.html



☆新商品発売 〜だれでも かんたん おりがみ〜

これまで、お子さまの自立や発達を促すものとして、 主に衣類や布小物を企画・製作し商品化してきましたが、 今回は「折り紙」の企画に取り組みました。
目的は、やはり! お子さまの「できた!」を応援することです。
ハートブリッヂプロジェクトを進める中で、縫製作業にヒントを得たことがきっかけとなり、折り紙にミシン目を入れる発想が生まれ、誰もが完成形を手にする喜びを味わえることに着目しました。
そして、社内の作業療法士との連携をベースとし、美術用の教材を企画・製作・販売する(株)美術出版エデュケーショナル様、障がい児教育のプロである筑波大学附属大塚特別支援学校の主幹教諭 安部博志先生と コラボさせていただくことによって商品化が実現しました。

特徴は3つ。
1.わかりやすい
2.見通しがたつ
3.スモールステップ(段階的である) …にもとづいた構成

その他、お伝えしたいことがたくさんありますが、詳しくはこちら↓↓↓からどうぞ!
美術出版エデュケーショナルさんが新たに立ち上げられた、とても可愛らしく、そして、療育や発達に関する耳寄りな情報が盛りだくさんのサイト
「ズッコ ファミリア」です。
http://www.bijutsu.biz/item/daredemo_origami
※ こちらの商品は、今月24日に発売開始となりました。
購入先は全国の書店 (紀伊国屋書店、三省堂書店、丸善、ジュンク堂など850店舗)
またはインターネットより購入が可能です。

amazon【ARTLOCO(アートロコ)】https://www.amazon.co.jp/dp/4938242508
楽天市場【ARTLOCO(アートロコ)】https://item.rakuten.co.jp/artloco/050634/
Yahoo!ショッピング【ARTLOCO(アートロコ)】https://store.shopping.yahoo.co.jp/artloco/050634.html


【手の発達を促す手作りおもちゃ~両手を使う・指先を使う編~その7★市販品】

前回のブログから時間があいてしまい申し訳ありません。
今回は、幅広い世代で愛用され、一度は目にしたことがあるかも?な、おままごとのおもちゃについてご紹介します。
作業療法士からのご意見を伺うと、改めて、こんな可能性があるのか!と驚かされることが多いです。

【タイトル】
おままごと調理セット(マジックテープ式)

【目的】
両手動作・マッチング・道具操作

【遊び方】
お野菜や果物をマジックテープでくっつけたり離したり。また、包丁を使ってトントンと。

【作業療法士からの一言】
両手でくっつけたり離したりする
・お野菜や果物をくっつけたり離したりすることで、両手動作を促すことができます。
・バナナやお魚(サンマ?)など、細長いものであれば、把持しやすくお子様の手の機能に応じて段階付けできます。

包丁を使ってきる
・包丁を使うことで、道具操作の練習になります。スプーンを持ち始めたり、お絵描きでペンを持ち始めるタイミングで導入することをお勧めします。
・包丁で切るときに、切れ目に合わせて包丁の向きを変えるため、対象物に合わせた道具の使い方の練習にもなります。
・包丁がマジックテープ部分に当たったときに、「バリ、バリバリバリッ」っという音と共に、持続的にしっかりとした感覚が入ります。
・一方の手で押さえて、一方の手で包丁を持つことで両手の協調性を促すことが出来ます。
・100円ショップでも購入できるので、訪問のリハビリでも活躍しています!

【ご利用者様の反応・お気に入りポイント等】
・お野菜などカラフルな色のものが多く、0歳のお子様でも視覚的に注意をひきやすいため、リーチ(対象物に手を近づける←→離れる)、リリース(つかんでいた対象物をはなす)の場面でも使える玩具です。
・物の概念を身に付けたり、また、選択したりしながら、コミュニケーションの幅も広がる自由度の高い玩具です。
・把持が難しいお子様には木製の物は重く滑るので、プラスチック製の軽い物のほうがいいですね!
・分かりやすく呈示したい時には、ブラックボード※と組み合わせて使う事もあります。

※ブラックボード・・・板に黒色のフェルトを張り付けたもの。目の前のものに注意・集中を促したいとき、コントラストが付きやすいので上に乗せたり、貼り付けて(マジックテープ部分がフェルトにくっつくので)使用できます。

当ブログに関して、コメントやご意見・ご要望がございましたらお寄せください!
今後の参考にさせていただきます。


キッズフェスタ 2018 第17回 子どもの福祉用具展 〜キッズフェスタ アンダー 18 〜

4月の14日(土)・15日(日)、TRC 東京流通センターで開催されるキッズフェスタに出展します!
会場には食品、食器、遊具、車いす、歩行器、雑貨などの出展品が盛りだくさんです。
公式ページはこちら

昨年に引き続き、東京都理学療法士協会のブースにてスペースをお借りし、療育・自立支援用のグッズとしてスモック、エプロン、食事用エプロン、ふろしき、パジャマなど、現在取扱っているグッズをズラっと展示させていただきます!

日頃ホームページなどでご紹介をさせていただいておりますが、ぜひこの機会にお手に取ってご覧ください。
会場まで、お子さまとモノレールに乗って… もいいですね!

お待ちしております^_^