手の発達を促すおもちゃ~両手を使う・指先を使う編~その4

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます!

【タイトル】お野菜カード
【目的】手先の運動、両手を使う、注意・集中力の向上
【作り方】箱などの入れ物のフタ(上)の面を、ポストの入り口のようにカットします。

お子さまたちに人気の絵本などを参考に、野菜のイラストを描いてカードを作ります。
イラストが苦手な方は、カラーコピーや、写真をつかってもOKです!
厚紙に貼ったり、ラミネート(100均で、手軽なラミネートシートが購入できます⇒参考サイト)すると耐久性UP!
準備はこれだけ!できたカードを、入り口から入れてポン!!

 

【作業療法士からの一言】
・入り口の形や向きに合わせて野菜カードを入れていくため、手の操作性を養うことができます。
・カードを裏返して置き(裏面は白色)、「何があるかな?」とひっくり返してもらう遊びでは、指でつまむこと、手の返し等、手の操作性を養うことができます。
・片手で箱を支えながら、もう片方の手でカードを入れたり、フタの開け閉めをしたりすることで両手を使う練習ができます!
・とまと、あか!、きゅうり、みどり!などと、野菜の名前や色を言いながら遊んで、自然に覚えることができます。
・フタ(上)の面を黒くすることで、カットした入り口とのコントラストが生まれ、注目しやすくなります。

【ご利用者様の反応・お気に入りポイント等】
・入れ物は、透明なので、どれくらいカードを入れたかわかります。
入ったカードを見たり、「たくさん入れられたね!」と声をかけたりすることで達成感が得られます。
・イラストは、お子さんの好きな物や身近なものにすることで意欲が高まります。

是非作ってみてください!(カッターを使う場合は手元に気を付けてくださいね!)


»

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment