手の発達を促す手作りおもちゃ~両手を使う・指先を使う編~その2

【タイトル】パッチン
【目的】手先の運動、両手を使う、目と手の協調、注意・集中力の向上

【作り方】市販のバックルのヒモ部分にマスキングテープを巻く。
(バックルは手芸店にカラフルなものが売っています♪いらなくなったリュック等のバックルを使っても◎)

【作業療法士からの一言】
・訪問させて頂いたお子様が、ブランコに乗る時にバックルをつけるのが好きということで、何かおもちゃが作れないかな… と考えて作ったものです♪
・バックルをはめると様々な手の運動が促せます。また、ぎゅっとはめこむ際に、手元への集中を高めることもできます。
・目でしっかり見て、手を動かしていく作業は、お子様が身の回りのこと(食事、着替え、等)を自分で行う際にとても大切な力になっていきます。
・はまると「カチッ」と音がし、はまった感覚も手に伝わります。この感覚が達成感になります♪
・立って遊ぶこともできます。
お子様に立ってもらい、目の前や頭上に大人の手を提示します。そこにパッチンをかけてはめてもらうことで、立位訓練もできます。

【ご利用者様の反応・お気に入りポイント等】
大好きなパッチン。あるお母様がお家用にも手作りしてくれました。
上にご紹介したような遊び方の他に、、「持ち運びしやすいので、出先に持って行きます!特に、病院の長い待ち時間に繰り返し遊ぶことができ、嫌にならずに待つことができ助かっています」と嬉しいコメントをいただいております。

・安価ですぐに準備が出来、持ち運びがしやすいです。

是非、作ってみてください!

RSS feed for comments on this post.